療育(発達支援)とは
障害のあるお子さまやその可能性のあるお子さまに対し、個々の発達の状態や障害特性に応じて
今の困りごとの解決と、将来の自立と社会参加を目指し支援をすることです。

「療育」という言葉は、もともと身体障害のある子どもへの治療と教育を合わせたアプローチを表す用語として
使われていましたが、今は障害のある子どもの発達を支援する働きかけの総称として使われることが多いです。
なお、「発達支援」という言葉もほぼ同義語として使われています。
 
 お子さまは一人ひとり発達のスピードが異なります。

特に、障害のあるお子さまの場合その子の発達の状況や障害特性に合わせた関わりをすることによりできることを増やしたり隠れている力を引き出すことができるといわれています。
そのため療育(発達支援)では、お子さまの現在の困りごとや発達の状況障害特性に応じて個別の支援計画を作成し
支援を進めていきます。
また、お子さまのご家族への支援もあわせて実施されています。

ほうかごルーミーでは

日替わりの療育スケジュールを実施しています。
利用されるお子さまも​楽しみながら苦手を克服したり、得意なこと好きなことを見つけたりしていただけると思います。

Hpタイトル2.png